クリエイティブ脚本術

提供: Creative MInd Media Wiki
移動先: 案内検索

<amazon>4845903490</amazon>

作者について[編集]

ジェームス・ボネット http://www.storymaking.com/

クリエイティブ脚本術[編集]

スターウォーズはジョセフ・キャンベルの「千の顔を持つ英雄」をもとに作られている。

  • 意識「導かれる私」
  • 創造的無意識「導くもの」
  • 空想
  • 味付け
  • 地図
  • ツール
  • 関連性(物語と現実の間の相関)
  • 英知
  • 現在の物語は口伝ではないので「直感」により修正される機会を失ってしまった。
  • メタファー(キャラクター、心理の成り立ち、軌道、隠された能力)
  • アーキタイプ(特定のパターン、ユングの元型)
  • ストーリー・ホイール(パッセージ:分離→通過儀礼→統合→再生→執着→退行→阻害→死)
  • ゴールデン・パラダイム(ストーリーのパターン)
  • 驚愕・戦慄

アーキタイプ[編集]

  • は虫類の脳「R」が作る身体的で感情的なもの。「社会的に指導してくれる父母」「現実はこんなものだから諦めろという父母」「認められない怒り」など
  • 老賢者(ポジティブ)、魔法使い(ネガティブ)など知性の働き。
  • 高次元(霊的)に導くもの。
  • アニマ・アニムス、門番(妨害をする)、トリックスター(混乱と変化をもたらす)

フォルド・ファースト[編集]

現状維持をもくろみ、成長を阻害するもの。スター・ウォーズの皇帝。こうして逆境がもたらされる。

ストーリーの重複性[編集]

一つのストーリーの中にはいくつかのサイクルがある。それぞれが別のフェイズをたどっていることもあり得る。 また背景に大きな物語を置いて、小さな物語に焦点を当てることもできる。(ストーリー・フォーカス)。

英知[編集]

ストーリーを見終わって感じるもの。明白な形で現したりはしない。


クリエイティブ・テクニック[編集]

  • 魅力を探る
  • 比較と選択
  • モデリング
  • ひらめき
  • 問題解決