ナルシシズムの時代

提供: Creative MInd Media Wiki
2016年4月2日 (土) 07:16時点におけるHidezumi (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

<amazon>B000J814DK</amazon>

作者[編集]

クリストファー・ラッシュ

内容[編集]

  • ナルシストは自分が全能だという幻想に囚われているくせに、その実、自分の自尊心を確認するにも他に頼らなければならない。
  • 自分のパーソナリティが市場価値のある必需品だと思い込まされている。
  • 真実でもいつわりでもない、信頼だけに裏打ちされたステートメントがそこら中を飛び交っている。
  • ナルシズム患者は「自分が、偉大で、金持ちで、権力のある人々の仲間でないことを恐れる」
  • いつも鏡を覗いて自分を確認しなければならない。
  • 市民の育成から近代化のための統制へ変化した。基礎教養を身につけさせることをやめて、統制に力が置かれるようになった。そのうち「能率化」が説かれるようになった。さらにそれが平準化へと向かい「挑戦させる事」を諦めさせるように進化した。(アメリカではこれが1950年代に起こった)平等主義を唱いながら、エリート以外は知的努力はできないと考えているのである。