ハイコンセプト

提供: Creative MInd Media Wiki
2016年4月2日 (土) 07:16時点におけるHidezumi (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

<amazon>4837956661</amazon>

この本について[編集]

ダニエル・ピンクは21世紀にまともな給料を得るためには「ハイコンセプト」を創造できることが必要であると考えた。またハイタッチと呼ばれる共感する能力が必要だとした。

ピンクは、従来の知的労働者はナレッジ・ワーカーに分類できるが、左脳中心で情報分析をするだけの頭脳労働はやがてアウトソースされるだろうと考えている。

ハイコンセプトで重要な要素は次の通りだ。

  • デザイン
  • 物語
  • 調和(全体をみることができる能力)
  • 共感
  • 遊び
  • いきがい

ハイコンセプトがもたらすもの[編集]

ハイコンセプトは、境界を越える力や、組み合わせから何かを発明できる力をもたらす。イノベーションをもたらすためには重要な力だといえる。

関連するアイディア[編集]