パブリック・スクールの社会学

提供: Creative MInd Media Wiki
2016年4月2日 (土) 07:16時点におけるHidezumi (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

<amazon>4790706265</amazon> パブリック・スクールには定義はない。

  • 貧しい人たちを施すための学校だったのではないか?
  • そのうちパブリック・スクールが貴族の子弟を受け入れるようになった。これを1861年にクラレンドレン委員会が「パブリックスクール」として標識化した。
  • 校長会議が開かれるようになり、1984年には221校、145万人の生徒(全体の3%)がパブリックスクールで学んでいた。
  • しかし校長会議校がすべてパブリックスクールとは呼べない。ここではラグビー校のような学校を研究対象とする。これにイートン校グループを足しても全体の0.5%を占めるに過ぎない。
  • 先生はオックスフォードかケンブリッジが多かったが割合は60%程度まで減って来ている。
  • パブリックスクールからオックスフォード・ケンブリッジへとゆける生徒の数は減って来ている。