フリーエージェント

提供: Creative MInd Media Wiki
2016年4月2日 (土) 07:16時点におけるHidezumi (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

<amazon>4478190445</amazon>

フリーエージェントとは[編集]

ダニエル・ピンクによれば、アメリカ人の4人に一人はフリーエージェントとして働いているのだという。特定の組織に属さない人たちを指す。ダニエル・ピンクが調査を始めたときには、アメリカにフリーエージェントが何人いるかといった統計はなかった。

フリーエージェントの可能性[編集]

ダニエル・ピンクが注目したのは、インターネットを使って成功している人たちだ。しかしすべてのフリーエージェントたちが成功しているわけではない。臨時雇いとして搾取される人たちも多い。

一つの会社に依存して生きるのは大きなリスクだと考える人たちも増えているし、一つの会社に最初から最後までいる事ができる人は確実に減ってくるだろう。

関連する項目[編集]

クリエイティブ・クラスの世紀