フロイト視野の暗点

提供: Creative MInd Media Wiki
移動先: 案内検索

<amazon>4898062814</amazon>

第一次世界大戦の精神神経症

幼年体験が重要で幼年期にトラウマを持っていると戦争で精神が破綻しやすい。故に戦闘における実際のストレスは考慮しなくてもよい。この考え方は1978年までアメリカで支持された。ベトナム戦争時の兵士のPTSDがアメリカで正しく理解されることはなかった。

これはフロイトが実際の兵士を見なかったからで、極度に理論化できた。自分の理論を正当化したい気持ちが強かった。

精神分析運動の理論的失敗はフロイトの幼児体験から着ている。青年期のフロイトは音楽によってかき立てられる情緒に耐えられなかった。