創造の病

提供: Creative MInd Media Wiki
2016年4月2日 (土) 07:16時点におけるHidezumi (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

<amazon>4788505908</amazon>

ビジョンが心理的な葛藤から自由な段階でおこると、創造的な発見になる。しかし功名心に支配されると単なる幻影に陥ることも。アンソニー・ストーは強迫的性格が創造心を生む場合があるとしている。強迫的性格とは自我と環境の両方を抑制しようと言う抑えがたい欲求だが、これは幼い頃に知性かが進みすぎるからかもしれないし、葛藤のエネルギーが強いからかもしれない。

エレンベルガーは、天才が創造的な仕事をする前に、引きこもりに入る可能性があることを見つけ、これを創造の病と呼んだ。ユングやニーチェが有名だ。外界からほぼ隔絶するか、仕事で最低限のつながりは保っていても、心は内面に没頭している。回帰は突然やってくる。爽快で幸せに満ちた状態。強い確信と根本的な自己変革の意識があるという。