天才と分裂病の進化論

提供: Creative MInd Media Wiki
2016年4月2日 (土) 07:16時点におけるHidezumi (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

<amazon>4105419013</amazon>

人間を猿と分けているのは脂肪の蓄積。胸、尻、そして脳に脂肪が貯まる。この脳の脂肪が人間らしい知性を与えている。

  • 読字障害の人は三次元的な視覚化が得意。全身運動は苦手だが、手先は器用。
  • こうした「分裂病」の人は、0.7%〜1%程度存在する。そして、人種間に大きな差がないので、人類が最初から持っていた気質だと考えられる。
  • 分裂病的な人は人口の10〜20%程度いるのではないかと推定される。
  • 音楽、哲学、宗教への関心が高く、孤独が好き。優秀な家系には分裂病の人も多い。