平気で暴力をふるう脳

提供: Creative MInd Media Wiki
移動先: 案内検索

<amazon>4794212518</amazon>

  • 恐怖と怒りは経路や信号メカニズムを共有していて、脳に刻まれる。
  • 脳に恐怖が刻まれた状態がPTSDを引き起こす

戦いと仲直りのくり返しが帰属意識を作る。

攻撃には3種類がある。

  • 防御
  • 親が子を守る
  • 競争// 地位と資源分配

扁桃体=外部的な刺激に対して社会的な意味を与える。学習が強過ぎるとPTSDに。弱過ぎるとサイコパスを生み出す。 扁桃体で得た情報を前頭葉で判断。勝ち負けを判断し人間関係を作る。可能性を予期して怯える事も。

  • 快楽物質が過熱しても戦いが生まれる。敵対的な出会いの後にはドーパミンが増量
  • セロトニンはブレーキのような役割を果たす。不足すると神経がいらだつが、自殺と他者に対するいらだちの原因にもなる。
  • オピオイド(脳内モルヒネ)は痛みを和らげ、逃げるタイミングを与える。過剰に反応すると精神的鈍真が起きる。

抑鬱はあきらめ反応を生む。コルチゾールが高い。

  • 食欲低下
  • 不眠
  • 体重の現象
  • 課題を避け、危機に対して諦める姿勢が生まれる。