心のパターン

提供: Creative MInd Media Wiki
2016年4月2日 (土) 07:16時点におけるHidezumi (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

<amazon>4000053868</amazon>

心のパターン[編集]

人間は「メンタル文法」を持っている。それは生得的な部分と経験による学習からなる。

英語では、What did Beth eat cheese and ___ for the breakfast?という文章を作る事ができない。Beth ate cheese and what for the breakfast?は作れる。 このように、説明はできないが、何らかの統語的な法則が存在する。

ハワイのピジン[編集]

ビガトンはハワイのピジンを研究した。

  • 1900年頃には冠詞、助動詞、屈折語尾がなかった。語順は母語に依存していた。
  • 1920年頃には彼らの子孫は主語、動詞、目的語の順番でピジン言語を成立させた。
  • John bin go Honolulu go see Mary. (過去形に、binを使う。この文章はマリーに会えた事をしめす)
  • John bin go Honolulu for see Mary.(過去形に、binを使う、この文章はマリーに会えなかったことをしめす)

ブローカー失語者[編集]

  • He showed her baby the picture.
  • He showed her the baby picture.
  • He showed her baby pictures.

ブローカー失語者はこの3つの文章がすべて、He showed her baby picturesのように聞こえる。本来はtheの位置で、彼女に赤ちゃんの写真を見せたのか、彼女の赤ちゃんに写真を見せたのかが区別される。