恊同知を探る

提供: Creative MInd Media Wiki
2016年4月2日 (土) 07:16時点におけるHidezumi (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

この本について[編集]

認知科学学会著

恊同とは[編集]

  • 同調、協調、相互介入(学び合い)
  • 社会的怠惰(Social Loafing)や社会的独占が起こる可能性がある。
  • 同じ年かちょっと離れた年の場合には構造化されなくてもよいが、大人対子どもの場合には洗練されたテクニックが必要になる。

実例(亀田達也)[編集]

  • well structuredとill structuredに使える。
  • マイクロ→マクロ返還。広範な意思決定を選好可能な状態に落とし込む。(選挙の票)