物語

提供: Creative MInd Media Wiki
2016年4月2日 (土) 07:16時点におけるHidezumi (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

人間はものごとをそのまま記憶しているのではない。脳の右側で描けは一つの知見を与えてくれる。それは人間がどう物事を覚えているかということだ。知識だけを覚えているのではなく、それに意味を付けて覚えている。好きな物や強烈な感情のあるものはより強く記憶されるだろう。そこにはストーリーの果たす役割がありそうだ。人はストーリーの形で語る。

物語とは[編集]

物語とは感情の衣をまとった事実である。例えば日本では昔、歴史を物語として記録した。

物語はなぜ重要か[編集]

企業イメージと物語[編集]

  • HPはガレージから始まった。会社が大きくなってもその価値観が伝わる。
  • Dellはガレージさえ借りられず、自分の部屋で商売を始めた。
  • サウス・ウェスト航空のビジネスプランは、レストランのナプキンの上に書かれた。