知識創造の方法論

提供: Creative MInd Media Wiki
移動先: 案内検索

<amazon>4492521364</amazon> 野中郁次郎

潜在的メカニズムの発見(バスカー)へ

  • 理論的・分析的な学問と人間的・社会的学問が混在している。
  • メカニズム(下部構造)と現象(上部構造)から成り立っている。

状況的合理性(Situated Rationality/ローソン)

  • 例え非合理に見える対立も、どちらかが非合理だから起きたとはいえない。
  • メタファー:電気のショートが発火の原因→特定の原因が通路を遮断する。共通言語として作用する。

知識創造のモデル

  • 現象を現れるままに受け入れる。判断せずに観察する。
  • 疑問を持つ。
  • 現実と比較できるような理想型を探す。
  • 仮説を作る。
  • メタファーを用いつつ、背後にある構造や因果関係を発見する。
  • 構造をを抽出する。
  • 現実に当てはめて、使ってみる。
  • これらの作業を繰り返す。

ナレッジ・リーダーシップ

  • 知の共有と創造が行われるの生成と活用を推進する人。
  • 基本哲学を持っている事。