孤独

提供: Creative MInd Media Wiki
移動先: 案内検索

<amazon>4422111981</amazon>

アンソニー・ストーは、人間が創造力を発揮するには、物事にすぐに反応しない力が必要だと考えている。大多数の心理学者が他人との親密な関係を築けない状態を不健康だと考える中次のような結論に達した。

そしてこのように書いた。

独りでいられる能力の発達は、脳がその最良の状態で機能するためにも個人が最高の可能性を実現するためにも、必要なことであると思われる。人間は用意に自分自身の最深部にある要求や感情から遊離してしまう。学習、思考、革新、そして自分の内的世界との接触を維持する事、これらはすべて孤独によって促進されるのである。

またストーは、孤独に身を浸すことで、他人に気に入られる生き方、他人を傷つけない事だけを考える偽りの自己を捨て、自己の最も深い所にある欲求や感情、衝動の自覚を目指す。これは新しい状況に適応するために人間に与えられた能力だと考えている。

未曾有の不況はチャンスだと言えるかもしれない。一方で「天才」と呼ばれる人が精神的に追いつめられることがあるというのもまた真実である。生活の努力を捨てて、どうなるか分からない孤独に身を置くというのは、大変難しい決断でもあるだろう。