学習曲線

提供: Creative MInd Media Wiki
移動先: 案内検索

学習曲線[編集]

ファイル:Learningcurve.gif

練習量と反応速度はある種の曲線に従う。学習初期は発展度合いが大きいが、やがて発展度合いは緩やかになる。 イノベーションのマネージメントではイノベーションの初期には学習しながら最適解を求めることになるが、そのうち別の形態に移行しなければならないとされる所以になっている。

強化学習とは[編集]

強化学習とは2つの特徴を持つ。つまりこれは科学的な試行錯誤だということになるし、試行錯誤の科学的解釈だということもできる。 -教師を持たない。(これといった正解がない) -試行錯誤の結果を学び次の活動を考える。(別の言い方では、フィードバックを得て、最適解を探索する)

イノベーションの達人の試行錯誤[編集]

「実験者」が試行錯誤を行う事が推奨される。

  • エジソンは10,000種類の失敗をした結果、竹のフィラメントに行き着いた。
  • ダイソンは5,127のプロトタイプを作った。
  • 子供を招待して適当に遊んでもらう(ランダムな組み合わせを考えることができる)

自己組織化と進化の論理の学習[編集]

  • カウフマンの本に登場するのは、部分がその環境に適応するとその結果のうち有効なものが全体に広まるという適応の考え方だ。カウフマンは全体が一つに固まってしまうと、この学習機能が低下し、結果として停滞が起こるのではないかと主張した。